「オープンチャット」不動産業界の最新ニュースを配信!

【暴露】不動産業界はやめとけ!と言われるのはなぜ?危ない会社の見抜き方

不動産業界はやめとけ

このようにネットでいくつかの意見が散見されます。

ブラックだ!とか労働時間がハードだ!と色々言われるわけですが、実際どうでしょうか?

不動産業界で働く私、OTOMO(@zebrakun24)が、本当のところを解説したいと思います。

不動産業界のイメージが悪いこと自体は残念ながら否定できませんが、誇りを持って働いている人がたくさんいることも知って欲しいのです。

業界を良くしていこうとしている人はたくさんいます。

それでもイメージが良くならないのは、違法行為がなくならないから。

だと思います。

そのような不正行為を働く会社に責任があり、不動産の仕事自体に罪はありません。

そこで今回は「こんな不動産会社はやめておこう。危ない不動産会社の見抜き方」と題して記事を書いてみたいと思います。

この記事で伝えたいこと

私は、不動産の仕事が大好きなのですが、やはりイメージが悪いのが事実。

不動産業界に興味がある人が、安心して働けるような会社を見つけられるように、本音で、この記事を書いています。

不動産業界はやめとけと言われる3大理由

不動産業界はやめとけ

不動産業界がやめとけ、と言われる理由を独断で3つ挙げてみます。

  • 不動産屋のイメージが悪いから
  • 不動産は休みが少ないから
  • 不動産はハードワークだから

どれかはしっくりくるのではないでしょうか。

1番は仕方ありませんが、2番と3番は本当に会社によります

OTOMO
OTOMO

現に私の会社は、きっちり休めますし定時で上がります。

これらを紐解いていくことで、不動産業界がやめとけ、と言われる理由を解説してみたいと思います。

不動産屋のイメージが悪い

そもそものお話になりますが、全国に不動産屋さんがどのぐらいあるのでしょうか?

実は、不動産屋はコンビニの数より多い(令和元年)のです。

不動産屋 vs コンビニの数はどのぐらい?

公益社団法人不動産流通推進センターが発表している不動産統計集によると、宅建業者(いわゆるまちの不動産屋さん)は、約12万5千社あります。一方、コンビニは5万5千店全国であります。

そして、不動産業は、全産業に占める比率が12.0%、つまり10社に1社以上が不動産会社という計算になるので、とても大きい数字になります。

これだけ数が多いと、人の数だけ悪事が増えると言いましょうか、悪い噂も目立ちやすくなってしまうのだと思います。

例えば、かぼちゃの馬車事件積水ハウスの地面師事件などといえば、パッと思い浮かぶと思うのですが、良いニュースは中々思い浮かびません笑

OTOMO
OTOMO

もう少し良いニュースも増えると良いのですが・・・

なお、私が以前noteで書いた不動産屋のイメージはなぜ悪いのか?という記事がバズりまして、1記事で13,000回以上閲覧されています。

イメージが悪いかも?と思っていた仮説が立証されてしまいました笑

不動産は休みが少ないから

次に、不動産業は休みが少ないです。

不動産という仕事の特性上、お客さんは一般個人の方が多いです。

すると、お客さんの動きに合わせることになります。

どうしてもその日しか無理!と言われたら、動かざるを得ません。

住宅系の場合は、火曜日水曜日が休みのケースが多いですが、お客さんは火曜日、水曜日は休みではありません。

法人企業が相手だと、土日休みが共通だったりするので、お互い休んでいることも多いですよね。

ただこれらは、結局のところ自分次第でどうにでもなります

事前に、お客さんにその旨を伝えておくことで、コントロールすることは可能です。

休日でて仕事をしている人もいますが、それは好き好んで仕事をしている人も結構多い印象です。

不動産の仕事が好きでやっている人もいるので、周りから見たら働きすぎなんじゃ・・・のようなケースもあります。

その分代休を取ったりする人もいますね。

事業用やオフィスビル等、法人が相手になってくる場合は土日休みが多いです。

不動産業界で土日休みの職種は?転職の注意点と探し方を解説

OTOMO
OTOMO

20代の時は休めなくてもガッツリ働き、30代でバランスを整えるなどのやり方も色々ありますね。

不動産はハードワークだから

また、不動産はハードワークな側面もあります。

不動産は動かせないので、必ず現地に行く必要があります。

そうなると、運転をしたり、市役所に行ったりと、日中調査をして、それ以外の時間でお客様対応をすることは珍しくありません。

やる事が多くなってしまうので、時間は必然的に長くなってしまいます。

ただ、ここも本当に会社によります。

全て1人でやるところもあれば、事務員さんと協力してやるところ、社内に法務関係をチェックする部門もあります。

ハードワークではない会社もあります。

傾向としては賃料収入がある会社(オーナー業)に多い気がします。

仲介の営業のビジネスモデルは、常に売り上げを上げ続けないといけません。

そのため、ノルマや目標に厳しいです。

一方、ストック収入がある管理や賃料収入がメインであれば、比較的落ち着いている事が多いです。

まったりしていることが多いです。

  • 厳しい環境で自分を成長させたい!
  • 安定した環境で働きたい!

想いは人それぞれ。

自分にあった環境を見つけることが大切です。

【業界の歩き方】未経験から不動産転職を成功させるために、絶対知っておくべきことを徹底解説

こういう不動産会社はやめとけ!危ない会社の見抜き方を暴露

こんな不動産業界はやめとけ

私は、現役で不動産屋として働いていますが、色々な業者さんとお付き合いが生まれてきます。

業界歴何十年というベテランの方もいますが、それでも落ちていく人もたくさんいます

そんな会社や人に、こういう会社が多いかな?と思う共通点をまとめてみます。

法令遵守意識がない会社

まず、いわゆるコンプライアンス意識が低い会社です。

不動産業界は、先ほど述べた通り、多くのプレイヤーがいます。

例えば、あってはならないことですが、

  • 契約書を二重に作る
  • 書類を書き換える
  • 平気で嘘をつく
  • おとり広告をのせる
  • 広告表記違反が多い

こんなことだと、不正なことの片棒をかつぐことになります。

いっときは良くても、悪い行いは後で跳ね返ってきます。

しっかりと見極めることが必要です。

過去に行政処分があったどうかを調べることができるシステムもあります。

このようなシステムも活用して、自分が行こうとしている会社は大丈夫なのか?をチェックすることが大切です。

個人情報の扱い方が雑な会社

これは、不動産業界に限りません。

大きい声で公共の場で、個人的な情報を話したりしているシーンを見たことはないでしょうか。

これは、個人的にいただけないと思っています。

不動産業界はとても大切な個人情報を扱います。

その個人情報の扱いが雑な場合、これからの時代は致命的になってくると思います。

個人情報持ち出しで漏洩事件にもなったりしていますが、会社として、この辺りの意識があるかその意識がないと、これからの時代で淘汰されていく可能性も高いです。

電話営業がしつこい会社

次に、電話営業がしつこい会社です。

私の携帯電話にも良くかかってくるのですが「辞めてください」と言っても何度もかかってくる会社もあります。

不動産営業に「電話」という要素は重要ですが、相手が嫌がるまでかけ続けるのもいかがなものかと思います。

これは、ワンルーム投資用マンションの営業に多いです。

営業マンもノルマやインセンティブがあるので、電話をかけ続ける必要があります。

それがいい!稼ぎたい!という方であれば問題ありません。

それを分かっていくか、分からないで行くか、ではその後に大きな影響が出ます。

慎重に考えましょう。

なお、現場で働くリアルを知りたい方は、以下の記事もご参考ください。

【実体験】投資用不動産営業はきつい?元シノケン社員が語る仕事内容のリアル

ホームページがない会社

最後に、ホームページがない会社です。

このネット時代に、お客様から見てどうなのか?を考えたときに、最低限ホームページはあったほうがいいと思います。

今はSNSもありますから、そこをホームページのような形で発信していれば良いと思います。

要は、対外的に自社がどういう会社であるかという発信意識があるか

これは、業界に限らず、ますます重要性を帯びてくるところだと感じます。

ただ、不動産業界というものは特殊でして、ごく一部、あえてホームページを作らない、地主のようなビジネスモデルで超ホワイトな会社もあります。

そうでない限りは、調べても何も情報が出てこない会社、というのは「?」となってしまいます。

世の中の変化に合わせる姿勢があるか。

これは、企業や個人としても生き残るために大切なことです。

時代にミスマッチした発言で世の中からバッシングされる企業も増えています。

しっかり見極めましょう。

不動産業界で仕事をする絶大なメリット

これまで、不動産の危ない側面、どちらかといえば負の部分に焦点を当てました。

私も不動産業界に身を置く一人として思うメリットはこの1点。

食いっぱぐれのなさ

宅建士として生活できると、生涯その資格をもとに稼ぎ続けることができます。

そのような資格は他にもあると思いますが、不動産は未経験でも参入できたり、ベテランならではの持ち味を活かせたり、そして職種も営業のみならず、企画を始め、色々あります。

私が不動産業界で働いたのが少々遅めの30代でしたが、楽しく働けています。

宅建で人生は変わる。独学で合格した話。不動産未経験。

不動産の仕事は無数にあり、売買・賃貸・管理など、どの分野にも渡り歩くことができます。

不動産業界はやめとけ、というのは「危ない不動産会社のこと」を指すのであって「不動産の仕事」自体は、とても価値があり、社会に求められるもの。

私はそう思います。

ネットで、よくこの会社はブラックだ!とかいう記事を見ますが、ブラックの定義は人によりますので、あまり鵜呑みにしないように。

自分の目や耳で調べる事が大切です。

仕事内容も詳しく解説したので、こちらも参考にしてみてください。

【保存版】不動産業界とは?仕事内容をわかりやすく解説!構造から知っておこう

まとめ

以上、今回は不動産業界はやめとけ!と少々過激なタイトルで記事を書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

不動産業界は可能性にあふれた産業。

そう、選び方を間違えなければ自身のキャリアを広げるチャンスにつながります。

ぜひ興味がある方はトライしていただきたいと思います。

奥深く、面白い不動産を一緒に極めていきましょう!