【保存版】不動産転職に失敗しないためのロードマップ>>

不動産業界で土日休みの職種は?転職の注意点と探し方を解説

不動産人
不動産人

不動産業界に転職したいけど土日休みがいい。そんな会社あるの?

不動産業界で働く上でネックになるのは、基本的に土日休みの仕事が少ない点です。

興味はあるけど、土日休みじゃないと働けない人も多いでしょう。

割合としては多くありませんが、土日休みの不動産会社もあります。

探し方のポイントは、会社もそうですが、職種にも焦点を当てること。

土日休みの仕事を探している方向けに、探し方と注意点を解説します。

不動産業界専門、人気転職エージェント

1.宅建Jobエージェント<非公開求人1000件以上!>
2.資格de就職エージェント<不動産系の資格を活かせる、未経験可!>
3.リアルエステートWORKS<年収1000万円以上求人アリ>

不動産業界で土日休みは可能?

よく知られていることですが、不動産業界では、休みを水曜日に設定している会社が多いです。

理由としては、以下が挙げられます。

  1. 一般個人の土日来客が多い
  2. 契約が水に流れる

業界特有の考え方から、水曜休みにしている会社が多いです。

水曜日以外の休みについても、基本的に土日以外の平日に休みを取るケースが多いです。

OTOMO
OTOMO

私も業界に入ってから驚いたのですが、銀行でも不動産会社に合わせて水曜日休みにしている人もいます。

大手不動産会社であれば、火・水休みが一般的です。

割合的に少数ですが、不動産業界でも土日休みの仕事に就くのは可能です。

どうしても土日を休みたい方は、事前に情報収集を行い、戦略的に仕事を選んでいく必要があります。

間違えてやみくもに探してしまうと、仕事や会社とのミスマッチが発生する危険があります。

不動産業界で土日休みの職種を一挙紹介!

不動産業界で土日に休むための考え方

土日休みの仕事に就きたい場合、会社で選ぶのも一つの方法です。

それよりも扱う商品や仕事内容で選ぶ方が効率的です。

扱う商品や仕事内容が同じであれば、高い割合でどの会社も休みの曜日が同じです。

この章では、不動産業界で土日休みのケースが多い仕事を一挙紹介します。

会社によって土日休みではない場合もあるので、その点は注意して下さい。

不動産仕入れ営業

不動産仕入れ営業とは、不動産を仕入れる営業です。

例えば以下のような種類があります。

  • 戸建住宅
  • 収益物件のデベロッパー
  • リノベーション再販業者

仕入れたものを商品化して再度販売します。

筆者の知人も、戸建用地の仕入れ営業を担当している人は土日休みです。

仕入れ営業の仕事に土日休みが多い理由は、営業先が不動産仲介会社であり、法人営業という点が大きく関係しています。

また、役所をはじめとする行政への確認・申請業務も多いです。

銀行取引が絡む業務もある為、平日に仕事をする方が、効率的と言う理由も大きいです。

不動産仕入れ営業は、土日休みの営業職に就くための貴重な選択肢と言えます。

不動産仕入れ営業の実態は?成果を上げるコツを解説

商業・オフィスビルを扱う賃貸仲介営業

仕入れ営業と同じく、商業・オフィスビルを扱う賃貸仲介営業も土日が休みです。

顧客が法人のため、そこに休みを合わせられるからです。

特に大手企業になる程、土日休みを設定している会社が多いでしょう。

ただ、注意点があります!

ビル管理も兼ねているような中小企業では、クレーム対応も営業が担当するケースがあります。

土日休みでも電話が頻繁にかかってくることがあるので、働き方を確認しておきましょう。

一見表には見えないデメリットもあります。

不動産管理の仕事内容を徹底解説!賃貸管理・建物管理の違いをしろう

営業職以外の仕事

不動産会社では、営業職以外の社員は土日休みのケースもあります。

営業以外の仕事であれば、土日休みの可能性はぐっと上がります。

不動産会社は、一般的に少数で会社を回しているケースが多いです。

一番多いのはやはり営業。

企画部門は、マルチタスクで様々な仕事を捌いていかなければなりません。

他に経理部門などもありますが、自分の得意分野を活かせると、土日休みの可能性が広がります。

土日に休めると言う理由だけで、安易に営業職以外の仕事を選ぶことは、あまりおすすめ出来ません

OTOMO
OTOMO

それぞれの会社の考え方も見るべきポイントです。

不動産会社によっては水・日休みのケースもある

ここまで土日休みに焦点を当てて解説してきました。

会社によっては、土日ではなく水・日休みのケースもあります。

また、水曜日だけが固定休みで、その他の休みは規定の日数の範囲内で好きに決めることが出来る会社も多いです。

完全に土日休みを条件として仕事を探すのも一つ。

ですが、条件を少し緩めるだけでも選択肢はかなり広がります。

不動産業界でもライフワークバランスを意識している会社が増えています。

休みの取り方も多様化していますので、実際に働いた時のことをイメージしながら休みの条件を決めていくと良いでしょう。

こちらの転職に失敗しないためのロードマップもぜひ参考にしてみてください。

【業界の歩き方】未経験から不動産転職を成功させるために、絶対知っておくべきことを徹底解説

土日休みの不動産会社に転職するメリットとは?

不動産会社で土日に休むメリットとは?

平日休みが多い不動産業界ですが、土日休みが実現できるとどのようなメリットがあるのか、ここでいくつか簡単に解説します。

家族や友人との休みが合いやすい

まず、一番大きなメリットは、家族や友人と休みを合わせやすいことです。

不動産業界に長くいると平日休みが普通になります。

一般的な日本の企業は、土日休みが基本です。

休みが合わないと、どこかに遠出することや遊ぶ計画を立てることも難しくなります。

学生時代から仲が良かった友人とも、仕事により休みが合わないことで疎遠になってしまったと言う人も多いでしょう。

土日が休みになることで家族との時間も大切に出来、友人とも休日を使った遊びが出来ます。

ストレス発散や仕事のモチベーションを上げる為にもメリットがあります。

子供の行事に参加しやすい

子どもがいる人であれば、子供の行事に参加できるのも大きなメリットです。

昔と比べると、子供の行事と言えば仕事を休みやすい世の中にはなっています。

しかし、仕事が多忙な時期等、さまざまな理由により休みにくいケースもあります。

仮に無理して休んだとしても、仕事が気になってどこか子供の行事に集中出来ないこもあるでしょう。

土日休みであれば、子供の行事の度に仕事の心配をすることもありません。

何も気にすることなく楽しむことが出来ます。

完全に休みモードを満喫できる

平日に休みを取っても世の中では、働いている人が多いです。

そのため、どこか落ち着かないと言う人も多いでしょう。

土日休みであれば周りも休んでいる人が多いです。

完全に休みモードを満喫できると言うメリットがあります。

同じ休みでも平日よりも土日の方が、どこか安心してゆったりと休める気がしますよね。

土日休みのデメリットはある?

多くの人が憧れる土日休み。

不動産会社で働いている人からすると羨ましいかもしれません。

しかし、平日休みと比較してデメリットになることもあります。

どこに行っても混んでいる

平日休みの経験者からすると、どこに行っても混んでいる点がデメリットです。

遊園地、水族館、映画館、ショッピングモール等、週末はどこに行っても混雑していますよね。

道路状況も混雑しており、移動にも不便です。

平日であればどこに行っても人が少ないです。

土日と比べて快適に遊ぶことが出来ます。

平日の満員電車が避けられない

通勤ラッシュ時の満員電車が不可避である点もデメリットです。

土日出勤であれば、満員電車を避けて出勤できます。

特に都心部であるほど、このメリットの恩恵は大きいです。

朝に座れる、というのは精神的にも安定します。

家事や育児に参加しにくい

家族がいらっしゃる方にとってのデメリットです。

家事や子供の送り迎え等は、平日に集中します。

土日休みの場合、内容によっては家事や育児に参加しにくいです。

子どもの行事は土日開催が多いですが、習い事や塾は平日のケースが多いです。

特に共働き夫婦については、お互いが休みを分けて取った方が、家庭内の役割分担を考えて効率的なこともあるでしょう。

土日休みの不動産会社に転職する注意点

ここまで、メリットや探し方をみてきましたが、大切なのは優先順位です。

土日休みがいいと思っていたけど、実際そうなったら火・水がよかったというケースもあります。

また、選択肢として不動産業界の中でも、不動産会社を相手にビジネスしている会社もあるでしょう。

具体的に言えば、ポータルサイトや査定サイト、不動産テック系の企業です。

不動産会社からテック系の企業に転職してギャップが大きかったという声も聞きます。

自分の理想の働き方は土日休みでないと実現できないのか?

今一度、立ち止まって考えてみていただきたいです。

大切なことは、長期的なキャリアを築いていくこと。人生は長いです。

転職に失敗しないために、こちらの記事もぜひ参考にしていただきたいです。

【業界の歩き方】未経験から不動産転職を成功させるために、絶対知っておくべきことを徹底解説

合わせて、転職をする際には必ず比較検討しましょう。

先ほど述べたように、会社によっては土日休みであっても、管理のクレームがかかってきたり、という場合もあります。

営業がどこまでするのか?どういう仕事フローなのか?

直接企業に確認することは難しいので、転職エージェントを活用した活動も検討してみてください。

企業との間に入って聞きにくい情報や年収交渉なども行なってくれるので、うまく活用していただきたいです。

不動産業界の転職におすすめ、宅建Jobエージェント

不動産業界におすすめの転職エージェント1
出典:宅建Jobエージェント
  • 月間1,200名以上が登録
  • 35%が業界未経験者
  • 全体の75.2%が20代、30代(30代が一番多い)

不動産業界最大級で、利用は完全無料。以下のリンクから登録できます。

転職活動は情報戦です。

ぜひ、この記事が理想の働き方を見つけられるヒントになれば嬉しいです。

【未経験OK】不動産業界転職おすすめエージェントランキング3選