【特集記事】不動産ビジョン2030から読み解く業界の未来

不動産集客にブログは効果があるのか?6ヶ月で100記事以上書いて試してみた

このブログは、2021年4月に立ち上げました。

ちょうど9月末でブログを立ち上げて6ヶ月。

今さら「ブログって効果あるの?」とか「Youtubeの方が効果あるんじゃない?」と思いながら、ただひたすらに記事を書いてきました。

実際には、6か月で140記事に到達しました。


正直なお話、100記事書いてもまだまだスタートラインです。

「実際ブログ100記事書いたらどうなるの?」と誰もが気になる事かと思いますが、アクセスが爆増するとか、集客がうまくいくとか、そんなわけではありません。

なかなか自分的に思い描く数字には程遠いですが、ここで、100記事書いてみてよかったことブログのメリットをシェアしたいと思います。

なお、ブログについてはTwitterもしておらず、既にフォロワーがいる状態でも実名で拡散をするでもなく、2021年に入ってから、匿名でゼロから始めましたので、新しくブログを始めようかなと思っている方の参考にもなれば幸いです。

なので、既にホームページがあり、土台がある方についてはさらなる効果が見込まれると思います!

ブログをはじめたきっかけ

さて、ブログに本腰を入れようと思ったきっかけは、今年の5月に、ntoeにこの記事を書いたこと。

タイトルの通り、なぜ不動産屋のイメージが悪いのか?という記事なのですが、この記事単体で累計1万2,000PV以上見て頂いています。

これだけで私が半年間心血注いで作ったブログをゆうに超えますので、noteの拡散力はすごいです。

ずっと思っていた「不動産屋のイメージが悪い」ということを、言葉にしてみた結果、「ああ、自分は間違っていなかったんだ」と思った次第です。笑

やっぱり、不動産はなじみがないし、とっつきにくい。業界に入った自分でさえ、なんだこの特殊な業界は?!と今でも思います。

現場では何度も何度も同じことがルーティーンで繰り返されているわけです。

なぜこんなにも歴史ある業界なのに、実態が不透明なのか?

そのような疑問をもち、「とにかくこのわかりにくい不動産の知識を誰かが伝えねばならぬ!」という謎の使命感が生まれ、毎日コツコツ記事を更新しはじめたわけです。

例えば、現場に入ると新人であれベテランであれ関係ありませんので、「建ぺい率って何ですか?」とか「再建築できますか?」とか「不動産の売却をするときの費用と持ち物を教えてもらえますか」とか色々な質問をされるわけです。

そこにスパっと答えられれば良いわけですが、新人にはコクな話です。

そして、ましてやお客さんは営業マンを選べません。

「この営業マン、ほんまのこと言ってるんかいな??」と思われるわけで、その判断すら出来ないのです。

それはそれは何かトラブルがあったとき、「不動産屋にだまされた」となりますよね。

不動産屋さんも、大ベテランの先輩に逆らえず「見て学べ」スタイルの方が多いので、恐れ多くて聞けないわけです。

世界一わかりやすい不動産の本なるものを読むも、そもそも分かりやすいのかすら、分かりません。

そんなこんなで過去の自分をターゲットに、誰かの役に建てればと思いながら書いているわけです。

ブログってぶっちゃけどうなのか

冒頭にも書きましたが、今更ブログってどうなの?という点。

これは、今だからこそありなんじゃないかと思う側面もあるわけです。

なぜなら、ブログを続けるのは、反応のない修行であり、訓練であります。

noteは反応があるので楽しい。続きやすいです。

Youtubeで分かりやすく解説している専門家の方も増えてきましたが、仕事中に調べるときにデスク上でYoutubeを見る勇気は自分にはなかったので、ブログが良いかと思ったわけです。

ブログが読まれるようになるにはどうすればいいのか?を考えると、SEOの対策はもちろんですが、真に顧客が読みたい記事はなにか?を日々考え続けなければなりません。

ブログは手間ひまがかかりますが、自分の好きなようにアレンジできる。ユーザーが求めるものを知る訓練になる。

これが一番大きな副産物だと思います。

本業にもおおいにいきます。

ただ、ブログ100記事まではとにかくやる!の一言です。

よくブロガーの方々が100記事書いてからがスタートラインと言っていますが、なるほど確かにと思う次第です。

6か月目にユーザーとPVが急増

ブログを立ち上げてから5か月目までは相当しんどかったです。

というのも反応もなく、アクセスも少ないです。

noteはSNSのため、反応があり楽しいです。ブログは全く反応がないので、とにかくやるの気持ちでやり切りました。

以下、赤裸々なデータです。

画像3
画像3

記事数とPVの推移

画像3


アクセスが増えない理由を考える

アクセスが増えない理由はいくつかありますが、最たる例がユーザーニーズを満たしていないもの。

そして、競合が強すぎるもの。

例えば、「不動産売却」というキーワードでGoogleで検索すると、不動産業界の四天王とも呼ばれるレベルの記事が勢ぞろいしているわけです。

名だたる財閥系企業が広告費も投下していますし、そこに0から入り込んで勝てるわけはありません。

そのため、「不動産売却 〇〇」という周辺のキーワードで何十記事も書くわけですが、それでも全く上位表示されません。

そこで気づくわけです。

あ、これは勝てないなと。

勝てないとは、読まれない、ということです。

いくらいい記事を書いても見てもらわなければ意味がありません。

ほとんどの人は少しやって、ここでやっぱりだめだと諦めます。

でも、続けるべきなのです。

なぜなら、「これだとダメだ」と気づけることが最大の収穫で、そこからスタートです。

私は70記事ほど書いたときにこのことに気づきました。(もっと早く気付くべき)

ダメだからこそ「自分自身にしかない体験を書くこと」に注力しました。

私にしかできないことで書けそうなこと。

不動産業界に飛び込んだ生の経験かな~と思いながら、こういう記事を書いてみました。

【実体験】30代未経験で不動産業界に転職した私の話

この記事はよく読まれていますが、不動産 未経験 転職 30代 で2位(10月1日時点)です。

この記事には自信がありました。なぜなら、「自分自身の実体験で語れる」からです。

もちろんSEOテクニックもありますが、ユーザーはこういう記事を読みたいんだな、と確認できたことも、気づきの一つです。

この記事を書くまでに累計50記事以上、そして上位検索に表示されるまで3ヶ月以上かかっています。

だから、行動する、というのはとても大切なのです。

ブログの外注化の是非について

ブログに限らずオウンドメディア運用において、外注か否か、

かくいう私のキャリアにおいても、大企業様のオウンドメディアの立ち上げに何度もたちあったことがあります。

私は、ライターの方を采配するディレクターの立場だったわけで、コンテンツマーケティング全盛期に数々のサイトを見てきましたが、今でもうまくいっているところの共通点があることがわかりました。

それは費用をかけたかどうか、ではなくサイト運営者がいかに汗をかいたか、熱量があったかという点です

特に新しく始めようとする場合、いきなり外注を使うのではなく、自分でいろいろと試してみた上で、自分に出来ないところのみ外注する。

目的にもよりますが、こうした方が指示も的確に出せますし、うまくいく可能性も上がってくると思います。

数字分析も大切ですが、最後は根性論かも知れません(笑)

とにかく自分の時間と頭をフルに使う!

身もふたもないかもしれませんが、とにかく行動あるのみなんです。

じっくり腰をすえる勇気を身に着ける

そんなこんなで、日々試行錯誤しながら記事を書いているわけですが、あるとき「何のサイトか分からないんだけど」と言われました。

ああ、自己満になっていたかもしれない。

でも自己満でいいじゃない。

そもそも情熱がないと続かないんだから、情熱を持てる分野のことを続けたほうがいい、ということです。

思い出すと、新卒時代や転職したばかりのことは馴染むことに精一杯のはずです。

それが、自分がいる本業以外のことになると、いち早く結果が欲しくなるのです。

そもそもフルコミットでやっていることも結果が出るのに時間がかかるのだから、ということです。

不動産の世界でも、仕入れてリフォームしてから売り出すまでに時間がかかりますね。それと同じで長いこと腰を据えることが大切です。

このブログも、一日平均して3時間程時間を使います。
すると6か月で多く見積もって6(ヶ月)×3(時間)×30(日)=540時間です。

540時間を1日8時間労働として考えると、67日です。

どんな仕事も覚えるのに1年かかると考えると、少なくとも、この約5倍近くの時間が必要ではないかと思います。

(365 ÷ 67(日) =5.4)

そうすると、6か月やってはいるものの、まだまだ先を見据えてじっくり取り組まなければ成果は出ないという事がわかります。

ここで繰り返しになりますが、そうなったときに必要なのは情熱と習慣化です。

自分にしか発信できないオリジナルの情報を「時間がかかる前提」でとにかく伝えていくのです。

その中で自己満になっていてはいけませんから、読者が求めることの接点を見つけて、そことすり合わせていく。

そういう地道な作業が必要なんだと思います。

あまり小難しいことは考えず、やらないと意味がないので、まずやってみるスタイルが良いのではないかと思います。

そんなこんなで、不動産業界に入って自分が苦労したことや、業界のイメージを良くしたいという想いでやっているわけですが、まだまだ弱小なので、コツコツやっていきたいと思います。

何よりも、何事も「続くかどうか」と「続けられる情熱があるか」が大切だと思います。

今昔の記事を改めてみると、なんじゃこりゃといった記事が多いので、絶賛リライト中です。

次は1年経過後かいつになるか分かりませんが、また経過報告をしてみたいと思います。

地道な作業を続けることこそ、道が開ける第一歩になるのかもしれません。

というわけで、頑張って更新続けていきたいと思います。