「オープンチャット」不動産業界の最新ニュースを配信!

【実体験】投資用不動産営業はきつい?元シノケン社員が語る仕事内容のリアル

一般的に激務で知られる不動産業界ですが、中でも営業の仕事はブラックできつい職業と思われがちです。

そんな不動産営業の中でも特にハードと思われているのが投資用不動産を扱う営業マン。

投資用不動産は金額も大きく成果をあげれば稼ぎやすいのが魅力であり、一度はチャレンジしてみたいと思う人も多いでしょう。

そこで今回は、投資用不動産業界の大手であるシノケングループで、営業として働いた経験を持つ筆者が投資用不動産営業のリアルを紹介します。

OTOMO
OTOMO

今回は、実際に上場企業で投資用不動産営業をされていた方に、リアルな記事を書いていただきました!

このような方に向けて、疑問を解決します。

  • 投資用不動産の営業に興味があるけど自分に向いているのか不安
  • 投資用不動産の営業って何するの?
  • 投資用不動産の営業を始めたけど他の会社についても知りたい

投資用不動産営業のきつさとは何か

投資用不動産営業のきつさ

まず、本題である投資用不動産営業がきついかどうかについて解説します。

結論、この営業のきつさは以下の3つに分かれます。

  1. 肉体的きつさ
  2. 精神的きつさ
  3. 金銭的きつさ

どういうことなのか順番に説明します。

肉体的きつさ

営業職はどれも同じですが、不動産営業においても外回りや電話営業をはじめ、肉体的な負担が大きい職業です。

投資用不動産においても同様で外回りでは顧客との商談やポスティング、顧客名簿への電話(架電)営業等、肉体的にきつい仕事も多いです。

ただ、逆に言うと外に出て常に監視されている状況から逃れたい人や、座って電話し続けることにストレスを感じない人にはメリットが大きい仕事と言えます。

精神的なきつさ

投資用不動産の営業マンは常に数字との戦いです。

もちろんですが、上司から営業成績のことで詰められることもあります。

よって他人からの言葉を過剰に意識し気にしてしまう人には、つらい仕事と言えます。

逆に言うと楽観的で上司から厳しいことを言われても、すぐに切り替えられる人は仕事を続けていく上で適した要素を持っていると言えます。

金銭的なきつさ

高収入を稼げることで魅力のある投資用不動産営業ですが、実は給料に占める歩合(成果)給の割合が高く、契約が取れなければ全く稼げないと言うケースが多いです。

これを知らずに飛び込んでしまうと生活苦に陥ってしまう可能性があるので、ある意味始める前に最も注意して欲しい点でもあります。

もちろん会社によって給与制度は様々ですので、会社選びをする際、給与面はしっかりと調査した上で入社することをおすすめします。

他の職業と比較して不動産営業の世界は、面接時に給与面の質問をしやすいと言う特徴があります。

よって、面接時にはストレートに稼ぎやすい環境であるのかについて聞いてみるのも良いでしょう。

投資用不動産営業のリアルな仕事内容を公開

投資用不動産営業のリアルな仕事内容

それでは、投資用不動産営業のリアルな仕事内容について紹介します。

一般的にきついと言われる投資用不動産の営業ですが、実際にはどんなものなのか自分のイメージと照らし合わせて考えてみましょう。

入口の営業手段は基本的に電話営業

会社によってある程度違いがありますが、基本的に投資用不動産の営業は大手企業になるほど電話営業が中心となります。

理由はテレビや新聞、インターネットでの広告を積極的に活用し、反響営業を取り入れている会社が多いからです。

反響のあった顧客情報は企業のデータベースに保存されている為、そこに対して徹底的に電話をしていきます。

電話営業で顧客のアポイントが取れれば実際に会って商談し、契約をまとめると言う流れなので、実際にやることはとてもシンプルです。

実績を上げるごとに良い反響が回ってくるようになる

契約をいくつか積み重ねて実績を作ると新規の良い反響が回ってきやすくなるため、出来る営業程、楽に稼げる仕組みとなっています。

トップセールスになる程、休み無しに働いているイメージがあるかも知れませんが、実は全くの逆です。

まさに実力主義の世界らしい仕組みと言って良いでしょう。

実際、営業成績上位になるほど必死になって電話や外回りをしている営業は少なくなります。

逆になかなか成績が上がらない営業マンは永遠に地獄の電話営業から抜け出せないと言うつらさがあり、その点も実力主義の厳しい一面と言えます。

実は魅力的!投資用不動産営業のメリット4選

ここまで投資用不動産営業のつらさや仕事内容について紹介しましたが、そうは言っても投資用不動産の営業は楽しいことも沢山あり魅力にあふれた仕事です。

実際、シノケンで働いた経験のある筆者もつらい経験もありながら結果的には、営業マンとしてそれなりに成功し、他には無い世界も経験することが出来ました。

ここでは、筆者が働いて見て感じた投資用不動産営業のメリット4選について紹介します。

今後、チャレンジしてみたいと言う人は是非参考にしてみて下さい。

人生が変わる程の高収入を期待出来る

投資用不動産の営業において一番の魅力は、成果次第で人生が変わる程の高収入を得ることが出来る点です。

例えば20代で1000万円を稼ごうと思うと普通の仕事ではなかなか難しいですが、不動産の世界であれば実力次第で問題なく実現可能です。

特に投資用不動産は同じ不動産業界の中でも高単価な商品であり、人によっては20代で3000万円以上稼いでいる人もいます。

よって大金を稼いで人生を変えたいと思っている人には、投資用不動産の営業を強くおすすめします。

お金持ちの知り合いが増える

商品にもよりますが、投資用不動産を購入する人は基本的に一般的な水準よりは高収入でお金持ちの人が多いです。

不動産投資と言えば富裕層の投資とイメージする人も多いでしょう。

筆者も営業をする中で沢山のお金持ちの人と接する機会がありました。

職業的にも会社経営者や医者、弁護士等の士業関係、上場企業の役職者等、社会的地位が高い高属性の人が多かったです。

普段はあまり聞けない貴重な話も多く、人としての経験値が増えるのもこの仕事の魅力でしょう。

金融リテラシーが上がる

投資用不動産は、投資商品である為、株式や債券等の金融商品についても当然ながら知っておく必要があります。

もちろん初めのうちは知識が無くて当然ですが、商談の中で比較対象となることも多く、調べていくうちに自然と金融についての知識が増えていきます。

一般的に難しいイメージの強い金融知識ですが、投資用不動産を扱っているとリテラシーがどんどん上がっていくので自分の資産運用にも有利になります。

学歴に関係なく挑戦できる

投資用不動産営業の最後のメリットは、学歴に関係なく挑戦できることです。

不動産業界全体に言えることですが、例外となる一部の超大手企業にならない限り、入社する条件として学歴はほとんど関係ありません。

特に投資用不動産を扱う会社は、学歴不問の会社が多いです。

不動産業界で最も重宝される資格として「宅建(たっけん)」がありますが、学歴よりも宅建を持っているかどうかの方が重視されます。

宅建についても入社後に取得することで問題ない会社が多いので、学歴に自身が無いと言う人でも問題なく思い切ってチャレンジしてみましょう。

【合格者監修】宅建に合格するなら知っておきたいこと総まとめ!パーフェクトガイド

こんな人は投資用不動産営業で成功する!特徴3選

投資用不動産営業のメリット

最後に投資用不動産の営業で成功しやすい人の特徴について紹介します。

営業で成功する人は様々なタイプがいますが、筆者が見る限り、投資用不動産でトップセールスにまでなる人は共通した特徴があります。

ここでは、投資用不動産の営業においてトップ・オブ・トップを目指す為に、成功しやすい営業マンの特徴について3つ紹介します。

仕事にプロ意識が持てる

かなりまじめな内容ですが、現実問題、投資用不動産は場合によって購入した顧客の人生を狂わしてしまう程、リスクのある商品です。

よって自分が扱う商品に強い責任とプロ意識が持てる営業マンでない限り、顧客から信頼されることは有りません。

不動産投資家を目指す人は意識が高く経験豊富な人が多い為、質の低い商談では契約を取るのが難しいです。

よって、投資用不動産の営業で成功したい人は、まずこのプロ意識を高く持つことは頭に入れておいた方が良いでしょう。

お金より自分が大好き

営業の世界で成功する人は基本的に自分が大好きです。

特に投資用不動産業界のように実力主義の世界で成功する人は基本的に自己肯定感が高めのナルシストが多いと思っておきましょう。

実際、この考え方はとても大切であり成果が出ない時でも「自分なら出来る」と思えない人は、仕事を続けていくのがつらくなってしまいます。

既に投資用不動産の営業を始めている人でなかなか成果が出ずに悩んでいる人は、意識的に自己肯定感を高めて仕事に臨むことをおすすめします。

楽観的な努力家タイプ

少し難しい表現ですが、投資用不動産の営業で成功する人は、考え方こそ楽観的ですが、仕事に対してはひたむきで努力家であるタイプが多いです。

経営者的な思考と言えるかも知れませんが、挑戦することに抵抗が無く、成功に向けて走り続けられる人は投資用不動産の世界でも成功します。

どんな世界でもそうですが、元々持っている能力や知識よりも目の前のことに素直でまっすぐに取り組める人が不動産の世界でも成功します。

現在、投資用不動産の世界で働いている人もこれから挑戦したい人もまずは、まずは目の前の仕事に全力で取り組むことが成功への近道です。

投資用不動産営業の仕事内容まとめ

今回は、投資用不動産営業のリアルな仕事内容をテーマにそのきつさや魅力についても紹介しました。

実際に投資用不動産の営業は、決して楽な仕事ではありませんが、その分、他の職業では経験できないような側面が沢山ある魅力の大きい仕事です。

一番のメリットは高い報酬ですが、それ以外にもメリットの多い仕事である為、挑戦しようか迷っていると言う人は是非勇気を持って飛び込んでみて下さい。

将来は今までに想像もしていなかったような素晴らしい世界が待っているかも知れません。