賃貸営業の仕事内容を解説!やりがいや大変なことは

今回は、不動産賃貸仲介営業の仕事解説をします。

家を借りたことがある人であれば、イメージもつきやすいのではないかと思いますが、一言に賃貸と言っても、様々な種類の仕事、様々な会社があります。

賃貸仲介営業に興味がある人に向けて、今回不動産賃貸仲介営業について、解説していきます。

OTOMO
OTOMO

不動産業界で働きながら、不動産専門ブログを運営しているOTOMO(@zebrakun24)が解説します!

この記事は以下のようなことを知りたい方におすすめです。

  1. 賃貸仲介営業の具体的な仕事内容と現状がわかる
  2. 不動産会社の種類、選び方がわかる
  3. 自分は、不動産賃貸営業に向いているかどうかがわかる

具体的なやりがいや辛さ、リアルな点に焦点を当てていきます。

不動産業界の転職は

不動産賃貸営業の仕事とは?

不動産賃貸営業

家を「貸したい人」と「借りる人」を繋ぐ営業

それが不動産賃貸営業です。

不動産会社に行き、何件か物件を紹介されたことがある方もいると思います。

なぜこんなに多くの情報を持っているのだろう?と思ったことはないでしょうか。それは、「レインズ」と呼ばれる業者間のネットワークで、不動産業者同士情報を共通しているのです。

家を探しているお客様にとっては、1つの不動産会社で全てが完結すれば楽ですよね。

そのように流通の仕組みが整えられているのが不動産業界です。

お客さんが住みたい物件を探すためにどうするか?

それらを考えて行動するのが仲介営業の仕事です。

不動産賃貸仲介営業の仕事の流れ

とはいえ、反響に対応し、車で案内するだけが仕事ではありません。

まずは、ざっくり仕事の流れを解説してみましょう。

不動産管理との違い

賃貸管理業務(入居者募集・クレーム対応・リフォームなど)も、賃貸仲介営業とは切っても切りはなせない関係にありますが、今回は、営業の部分に焦点を当ててお話していきます。

  1. ネットに物件を掲載する(広告する)
  2. インターネットから問い合わせがある
  3. ご来店いただく
  4. 希望情報を聞く
  5. 物件案内をする
  6. 申し込みがある
  7. 保証会社の審査がある
  8. 重要事項説明をする
  9. 契約
  10. 鍵の引き渡し

まず、入口の出発点でもあるように、問い合わせをもらわなければ、お客さんと接することもできません。問い合わせをもらうためには、物件情報が必要になります。

その物件情報を集めるためには、家を貸したいオーナーさんを、ネットやチラシを駆使して見つける必要があります。

ただし、オーナーさんと繋がるのは中々すぐにうまくいきません。そこで、不動産仲介の現場では、先物を扱う、という方法があります。

先物とは?

不動産会社がオーナーから、直接依頼を受けたのではなく、他の不動産会社から情報提供を受けた物件のことを言います。

この辺りは、早くお客さんをつけたい不動産会社とも利益が一致するので、先物メインでやっている会社などもあったりします。

OTOMO
OTOMO

SUUMOに同じ物件がいくつも並んでいるのをみたことはありませんか?

大体、このケースが多いです。

賃貸営業と売買営業の違い

賃貸営業と売買営業の違い

不動産賃貸と売買営業の流れの大筋は変わらないのですが、大きく変わる点は以下の3点です。

  • 物件調査の必要性が薄い・・・一つ一つ物件調査をしない
  • 重要事項説明書が簡単・・・体感では5倍ぐらい売買重説の方が難しい
  • 入居審査があるかどうか・・・売買ではキャッシュ即決 or ローン審査 になる。

売買は、大きな買い物になりますので、その分事前の調査がとても重要になります。その分、重要事項説明書(物件の説明書)も分厚くなります。

賃貸で、家を借りたことがある人なら感覚がわかると思いますが、重要事項説明書を真面目に聞いている人は、ほぼいないと思います(いたらすいません)

一方、売買は、ものすごく大きな大金を取り扱うため、軽く流す訳にはいきません。

取引においても、司法書士や、銀行のローン、共有の場合は、持ち主全員の方、など多くの調整業務も入ります。総じて、賃貸よりも売買の方が求められる専門性が高い傾向にあります。

また、給与面では、売買の方が賃貸よりも稼ぎやすい、というのは事実としてあります。

たとえば、一般的な賃貸物件に置いて、月に100万円の売上を作るのは、大変です。家賃5万円の物件を仲介すると、10件以上の成約が必要になります。

一方、売買で100万円の売り上げを作るには、3,000万円の物件を1件仲介すれば到達します。もちろん賃貸でも稼ぐことは可能ですが、高単価のタワーマンションを扱う、など戦略が必要になってきます。

不動産賃貸仲介営業のやりがい・面白さ

そんな不動産賃貸仲介営業ですが、どのような点にやりがいや面白さがあるのでしょうか?私なりにまとめてみました。

色々な人、家と触れ合うことができる

不動産賃貸は、本当に多くの人と触れ合います。

仕事内容や、家探しの背景まで様々。「住まい」は誰にとっても、とても大切なことなので、色々な方の人生に触れることができます。

加えて、いろいろな物件を見ることができます。将来自分が住みたくなるようなマンションが見つかったり、理想の間取りを考えたり、など、仕事を通して同時に物件にも詳しくなれることはメリットです。

実生活でも役立つ(トラブルに強くなる)

賃貸営業に付いて回るのが、トラブル。

トラブルは、不動産賃貸営業に限った話ではありませんが、身の回りでもよく聞きませんか?

そして、そのトラブルはネガティブなことではなく、自分をパワーアップさせる勉強にもなるのです。

たとえばこのような事に詳しくなります。

  • 仲介手数料は、なぜ無料にできるの?
  • 怪しい不動産会社にあたらないためには?
  • 退去費用を安くするには?
  • 空室率を埋めるコツは? などなど

退去のコツや、仲介手数料の仕組み。

これらを知っているだけでも、実生活にとても役立ちます。

家族、身内や友人にも、不動産賃貸の裏技を教えてあげることもできます。

もし仮に、自分が物件を貸す立場になったとしても、使える知識はたくさんあります。

未経験でもチャレンジできる

賃貸仲介営業は、資格がなくても、キャリアがなくても挑戦しやすい分野です。車の免許は必要になりますが・・・

高度な専門知識がなくとも、物件案内は可能です。

まずは不動産業界の入り口として、賃貸を経験し、その先に専門性を突き詰めていくこともできます。

ただし、不動産業界に興味がある方は、まず売買を学んでおくのが、私の体験や周りの先輩方を見て思うことです。

なぜ不動産営業が未経験でできるのか?ブラックじゃないの?と思われる方は、以下の記事もご覧ください。

不動産会社はなぜ未経験で求人をするのか?転職して大丈夫なのか解説

不動産賃貸仲介の大変さ・辛い点

不動産賃貸仲介の辛さ

次に、不動産賃貸仲介会社が大変な点を挙げてみます。

数をこなす必要がある

やりがいの部分でも述べましたが、とにかく触れ合う人の数が多くなります。

また、取り扱う物件の種類により異なりますが、家賃が少ないということは、その分売り上げも少なくなります。

賃貸仲介の売上は「仲介手数料」と「AD(広告費)」で成り立ちます。

賃貸の仲介手数料・・・相場は家賃0.5カ月~1カ月分
AD/広告費・・・管理会社から家賃0.5カ月~1カ月分。

たとえば、月の売上目標が100万円であれば、月の成約は少なくとも10件以上必要です。

スピーディーに、効率よく動いていく必要がありますね。

賃貸の仲介手数料は?

居住用の場合、家賃の1.1ヶ月分が報酬の上限です。

トラブルが多くなる

また、それだけ数が増える、ということは、トラブルも増えてくる、ということです。

「トラブル」と聞くと、大変そうに思いますが、必ずしもそうではありません。

トラブルには、お客さんの本当の悩みが隠れていたり、信頼を築くチャンスでもあります。

そして、何よりそれが自分のノウハウになります。

私もメンタルは強くありませんが、このトラブル対処によって、人間的に成長することができ、今ではトラブルに前向きになっています。

OTOMO
OTOMO

しんどい時もありますが、いつかは終わると思って、切り替えるのが長く続ける秘訣です。

勤務時間が長くなる

家を借りるとき、車で何件か案内してもらった経験があるかと思います。

車で案内する、というのは物理的に自分の体を動かさなければなりませんので、その間は事務作業などが出来ません。

会社によっては、事務員さんが事務作業を行うケースもありますが、営業活動と事務作業の両輪を回すことが賃貸営業の仕事です。

さらには、職業も学生さん〜ご高齢の方まで様々なので、お客さんに時間を合わせる必要性があります。夜間しか来れない、自分の休日しか来れない、といった人もいるので、その対応や調整能力も必要です。

ただ、最近はオンライン内見、そしてオンライン契約も2022年5月には法改正で出来るようになるので、はたらき方改善もなされてくると思います。

世の中の流れとして、コンプライアンスも徹底されて来るはずです。

不動産業界の今後【2022年版】不動産業界の今後は?就職先としてアリか。国交省不動産業ビジョン2030を基に解説

不動産賃貸営業をするには?不動産会社の選び方

不動産賃貸営業のマンション

不動産賃貸仲介営業は、エリア・会社によって扱う物件が大きく異なり、規模も様々です。

たとえば、都心部であれば「タワーマンション専門」のところもありますし、「店舗専門」など、そして「まちの不動産屋さん」から「上場企業」まで。

  • タワーマンション専門
  • オフィスビル専門
  • 店舗専門
  • 若年層専門
  • フランチャイズ会社 など

タワーマンション専門であれば、その分稼ぎも多くなりますが、タワーマンションの数に限りがあるので、競合も多くなります。

また、店舗やオフィスビルにおいては、事業用としての仲介手数料が適用となるので、利益が大きくなります。

賃貸(事業用)の仲介手数料は?

事業用の場合、権利金の授受があれば、それを売買仲介(売買価格×3%+6万円)*税 として、計算ができます。※400万円以上の場合

不動産屋の数は、コンビニの数より多いと言われていますので、どこの会社がいいか?を見極めるのは入ってみないとわかりません。

最初は、自分の興味がある分野をウオッチしていくのが良いでしょう。

まとめ

賃貸仲介会社は、先ほど述べたように、数が多くなるので、まずどこで働くか、そしてどのような物件を扱いたいかをざっくりとイメージしておきましょう。

出来るなら、最初に入るのは大手が良いと言えます。フランチャイズでも、流通の仕組みが学べます。

後々活躍していくためには、まずは選り好みせず、色々と任されたことに取り組み、その後で、自分がこの分野が面白そうだ!という流れで取り組んでみるのも良いと思います。

不動産業界の良いところは、市場規模が大きいので、横展開が可能なところ。ぜひ自分の強みを磨いていってください。

会社の雰囲気は、実際に触れてみないと雰囲気は分かりませんので、転職サイトで応募してもいいです。転職エージェントもおすすめです。

近年は、不動産業界専門の転職エージェントも出てきているため、転職活動も進めやすくなっています。

自分にあった不動産会社を見つけて転職を成功させたい方は、チャンスを逃さないためにも是非登録だけでもしておくことをお勧めします。登録利用は完全無料です。

宅建Jobエージェント

不動産業界を専門にした転職支援サービス【宅建Jobエージェント】<未経験可!毎月600名が登録!>

Real Estate Agent

不動産業界専門の転職エージェント【RSG Real-Estate Agent】<100人中99.4%人が給与アップの実績!>