スマホで不動産の無料相談ができます♪

地目とは?種類は23種類!宅地以外の地目を解説

地目

地目ってなに?

地目とは、「土地の用途」のことを言います。

住宅用の土地の場合、一般的には宅地であることが多いです。しかし、たまにそれ以外のものもあり、あまり目にしない地目もあります。その数は、実に23種類もありますので、今回はその地目を解説したいと思います。

以下のように、登記事項証明書に記載されます。

地目の23種類

この地目は、不動産登記事務取扱手続準則第68条で定められています。

次の各号に掲げる地目は,当該各号に定める土地について定めるものとする。この場合には,土地の現況及び利用目的に重点を置き,部分的にわずかな差異の存するときでも,土地全体としての状況を観察して定めるものとする。

不動産登記事務取扱手続準則第68条
種類内容
宅地建物の敷地及びその維持若しくは効用を果たすために必要な土地
農地で用水を利用して耕作する土地
農地で用水を利用しないで耕作する土地
牧場牧畜のための建物の敷地、牧草栽培地および林地などで、牧場地域内にあるものはすべて牧場とする
原野耕作の方法によらないで雑草・灌木(かんぼく)類の生育する土地をいう
塩田海水を引き入れて塩を採取する土地をいう
鉱泉地鉱泉(温泉を含む)の湧出口およびその維持に必要な土地をいう
池沼かんがい用水でない水の貯留池
山林耕作の方法によらないで竹木の生育する土地をいう
墓地人の遺骸、遺骨を埋める土地をいう
境内地社寺の境内に属する土地で、本殿、拝殿、本堂、社務所、庫裏、教団事務所などの建築物がある一画の土地や参道として用いられる土地をいう
運河用地運河法第12条第1項第1号又は第2号に掲げる土地をいう。
第1号:水路用地および運河に属する道路、橋梁、堤防、護岸、物揚場、繋船場の築設に要する土地
第2号:運河用通信、信号に要する土地をいう。
水道用地もっぱら給水の目的で敷設する水道の水源地、貯水池、ろ水場、そく水場、水道線路に要する土地をいう。
用悪水路かんがい用又は悪水はいせつ用の水路。耕地利用に必要な水路をいう。
ため池耕地かんがい用の用水貯留池
防水のために築造した堤防をいう。
井溝(せいこう)田畝(でんぽ)または村落の間にある通水路をいう。
保安林森林法に基づき農林水産大臣が保安林として指定した土地をいう。
公衆用道路一般交通の用に供する道路(道路法による道路であると否とを問わない)をいう。個人の所有する土地であっても、一般交通の用に供される土地は公衆用道路である。
公園公衆の遊楽のために供する土地をいう。
鉄道用地鉄道の駅舎、付属施設および路線の敷地のすべてをいう。
学校用地校舎、附属施設の敷地および運動場をいう。
雑種地以上22の地目のどれにもあてはまらない土地をいう。

これらは、登記事項証明書の地目よりも現況が優先されます。

なかなか、お目にかかることのない地目もありますが、不動産売買の時には重要な項目です。

なお、仮に地目や地籍(土地の面積)に変更があった時は、1ヶ月以内に登記の申請をしなければなりません。

地目又は地積について変更があったときは、表題部所有者又は所有権の登記名義人は、その変更があった日から1ヶ月以内に、当該地目又は地積に関する変更の登記を申請しなければならない

不動産登記法第37条

この場合、土地の状況が変更後の地目として、登記官に認められるような利用状況になっていなければ地目変更が出来ません。

また、実際には届出が行われず、以前に登記されたままになっているケースも多々あります。

以上、23種類の地目があるということを覚えておけば、あまり目にしない地目があっても焦らずに済むかと思います。

ご参考になれば幸いです!