プレサンスコーポレーションの年収や強みは?【不動産業界を調べ尽くす!】

こんにちは、不動産のOTOMOです。

IT業界出身、現役不動産業界に身をおく筆者が、大好きな不動産業界を調べ尽くすシリーズ!

今回は、プレサンスコーポレーションについての企業研究を行います。

実際にどのようなことをしているのか。会社の概要から歴史、平均年収、抑えておきたいポイントなどのデータを紐解いていきたいと思います。

企業研究や、就職・転職の参考にしてください。

OTOMO
OTOMO

記載情報は、WEBサイトや開示情報(IR)をもとに調査、執筆しています。

2022年4月時点の最新データです。

プレサンスコーポレーションの基礎情報と特徴

出典:ホームページ

プレサンスコーポレーションは、分譲マンション供給において、全国トップクラス近畿圏においては12年連続1位の実績東海・中京圏は11年連続1位を誇ります。(不動産 経済研究所調べ)

企画・開発・分譲・管理を総合プロデュースしており、プレサンスコーポレーションのマンションに住んだことがある!という方も読者の中にはいらっしゃるかもしれません。

同社の始まりは、1997年に不動産販売業を行うことを目的に、株式会社日経プレステージを設立しました。1998年11月には初めての自社ブランドマンション「プレサンス難波東」を販売開始。

その後、2002年4月に社名を変更し、株式会社プレサンスコーポレーションに称号を変更しました。

2007年には東証二部に上場しましたが、色々騒動がありました。真相はわかりませんが・・・

2021年にはオープンハウス社が同社の株式公開会付を行い、親会社となりました。

オープンハウスグループとなったことで、更なる事業シナジーを狙います。関連記事も合わせてお読みください。

基礎データ

まずは、会社概要から見てみましょう。

項目詳細
会社名株式会社プレサンスコーポレーション
設立1997年10月
代表者代表取締役社長 土井 豊
事業内容都市型マンションの企画・開発から分譲販売、賃貸および建物管理
資本金72億1,105万2,091円
上場取引所東京証券取引所 スタンダード市場
証券コード 3254
本社所在地大阪市中央区城見1丁目2番27号 クリスタルタワー27階
従業員数単体: 338名 | 連結: 681名

売上と利益規模(直近3年間)

続いて、有価証券報告書から直近の売上・利益を見てみましょう。

回次第25期(2021年9月)第24期(2021年3月)第23期(2020年3月)
営業収益(百万円)99,752243,813224,011
経常利益(百万円)13,88829,07831,985
出典:IR資料から (連結財務諸表)

25期は決算期変更があり、2021年4月1日から2021年9月30日までの6ヶ月間になっています。

平均年収と従業員数(直近3年間)

次に、平均給与などを見てみましょう。

項目2021年9月末2021年3月末2020年3月末
平均給与8,553,350円7,494,292円8,053,028円
従業員数338人321人355人
平均年齢31.1歳31.4歳31.5歳
平均勤続年数4.4年4.4年4.0年
出典:IR資料から(単体)

プレサンスコーポレーションの事業内容と強み

同社の強みは、冒頭でも述べた通りなんといってもマンション開発・供給の圧倒的な実績です。

ワンルームマンションとファミリーマンションの企画開発と販売が主な事業です。

論より証拠、まずは供給戸数ランキングを見てみましょう。2022年2月時点、不動産経済研究所調べです。

2021年 全国分譲マンション供給ランキング

RANK会社名戸数
1位野村不動産4,014戸
2位三井不動産レジデンシャル3,982戸
3位プレサンスコーポレーション3,950戸
4位大和ハウス工業3,634戸
5位三菱地所レジデンス2,214戸
6位住友不動産2,211戸
7位エスリード2,198戸
8位あなぶき興産2,035戸
9位フージャスコーポレーション1,934戸
10位日鉄興和不動産1,782戸
出典:ホームページ

全国で3位の実績を誇り、1位の野村不動産、2位の三井不動産レジデンシャルと比べても遜色ありません。

次に、近畿・東海・中京圏をみてみましょう。

2021年 近畿圏マンション供給ランキング
RANK会社名戸数
1位プレサンスコーポレーション2,453戸
2位関電不動産開発1,145戸
3位日商エステム1,073戸
4位エスリード1,004戸
5位住友不動産825戸
出典:ホームページ

近畿においては、2位の関電不動産開発と2倍以上の差をつけて、供給を行なっています。

2021年 東海・中京圏マンション供給ランキング
RANK会社名戸数
1位プレサンスコーポレーション1,320戸
2位エスリード1,194戸
3位オープンハウス・ディベロップメント655戸
4位日商エステム394戸
5位野村不動産355戸
出典:ホームページ

東海・中京圏においても1位の座をキープしています。

なお、どちらもエスリードが入っていますが、エスリードもマンションに強い会社です。

エスリードの年収や強みは?【不動産業界を調べ尽くす!】

このように、圧倒的な供給戸数であることがわかります。

プレサンスコーポレーションの今後の取り組み

プレサンスコーポレーションは、2023年9月期までの中期経営計画を立てています。

その中でも、新たな取り組みをいくつかピックアップします。

ZEH-M(ゼッチ・マンション)への取り組みを計画

環境に配慮した省エネマンション(ZEH-M)の開発を計画しています。

ZEH-Mとは

外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現。

その上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支を正味でゼロとすることを目指した住宅。

不動産クラウドファンディング「プレファン」への取り組み

プレサンスコーポレーションは、不動産クラウドファンディング「プレファン」を行なっています。

プレファンはプレサンスコーポレーションが開発・管理する不動産に特化したものです。

不動産クラウドファンディングは、少額投資や簡単な登録で始めることができるものです。

従来、不動産投資には多額のキャッシュや融資が必要になりますが、このような仕組みを利用することで、投資家の間口が広がります。

若年層や、小口投資家などに裾野を広げます。

興味がある方は、覗いて見てください。

【プレファン】

“1万円から手軽に”投資ができる不動産クラウドファンディング【プレファン】

不動産業界で働いてみたい方へ

以上、今回は「プレサンスコーポレーション」について取り上げてみました。

不動産業界に興味のある方は、転職エージェントの利用もお勧めです。

近年は、不動産業界専門の転職エージェントも出てきているため、転職活動も進めやすくなっています。

自分にあった不動産会社を見つけて転職を成功させたい方は、チャンスを逃さないためにも是非登録だけでもしておくことをお勧めします。登録利用は完全無料です。

宅建Jobエージェント

不動産業界を専門にした転職支援サービス【宅建Jobエージェント】<未経験可!毎月600名が登録!>

Real Estate Agent

不動産業界専門の転職エージェント【RSG Real-Estate Agent】<100人中99.4%人が給与アップの実績!>

関連記事も合わせてどうぞ。