不動産ライター・編集者募集中

VIETBUILD HA NOI 2023に行ってみた 他【23.11月ハノイ訪問記】

今回はリュック一つで滞在1日半程、弾丸でハノイに行ってきました。

目的は、とある日本の不動産会社の社長さんにお会いするためでした。

他はノープランで行きましたが、思わぬご縁や収穫が。

運よく建築展示会『VIETBUILD HA NOI 2023』に行くことができたので、会場の様子を交えながらブログを書きます。

ハノイ市内散策

前回の訪問ではバクニン省やビングループ(ベトナム最大の財閥企業)のスマートシティがメインだったので、今回は市内を見て回りました。

移動はGrabを使いましたが、現地の方に聞けば、最近ビングループ(VINFAST)も自前でアプリや仕組みを作ったそうで、それを使えば電気自動車に乗れるそう。Grabよりは高いらしいですが、次回使ってみたいと思います。

歩くスレスレをバイクや車が通るので、何度ひかれそうになったかわかりません。笑

そして、空気がよどんでいて、街中がホコリっぽかったです。

曇っているわけではないですが、だいぶ先は霞んで見えます。
以前見れなかったハノイ駅をみてきました。
駅には警備員はいましたが誰もおらず、本数も少ない模様です。
行く時間によっては違うのかも
歴史が書かれていますが、ベトナム語です(ベトナム語は読めません)

街歩きを経て、今回ご縁を繋いでくれたケーシーさんと合流しました。

以前の名刺交換禁止会に誘っていただき、そこでの出会いが今回につながりました。感謝です。

ベトナムの建築展示会『VIETBUILD HA NOI 2023』へ

2日目は、ベトナムで設備関係の会社を運営している友人と会いました。

現地の不動産や建築のこと、特に流通の仕組み、管理面や賃貸経営について色々聞きました。

また、ハノイでスマートシティ計画が動き出すとのこと。現状の最高層ビルは地上65階ビル「ロッテセンター・ハノイ」らしいですが、それを超えるビルを住友商事がRGB社と組んでを建てるそう。5、6年間止まっていたPJがようやく動き出したようです。リリースも出ていました。

住友商事の北ハノイスマートシティプロジェクトが再始動(ベトナム):JETRO

日本語もペラペラで、トリリンガルで、博識で、めちゃくちゃ刺激もらってます。

旧市街にて

そうこう話をしていると、今ハノイでちょうど展示会やってるから見に行きますか?という流れに。メインの予定まで少し時間があったので、ぜひにと、弾丸で連れて行ってもらいました。

11月29日から12月3日開催でした。ラッキーです。

旧市街からバイクを走らせること30分ぐらいで会場に着きます。

看板が見えてきました。
車やバイクが入る入り口です。
会場はここから入る模様。日本の展示会場とは大分様子が違います。
中に入ると、所狭しとブースが並んでいました。

出展していた業種もバラバラでしたが、水の洗浄機・風呂・トイレ・家具など。

ベトナムよりも中国系の方が多く出展している印象です。

スチールハウス?のようなもの
組むとこんな感じ

会場で飾られていた写真です。これはすごい(月並みの感想)

中身は自由自在

地震がないベトナムだからこそですね。聞けばネットでも一式買えるのだとか。

建物が何棟かあり、中庭はこのようになっていました。

バルーンとかいつぶりに見ただろう?笑
噴水も、一大イベントですね。

豪華な家具

どこで使うのかというぐらい豪勢な家具。と思いましたが、前回バクニン省の家で見ました。
家具を代々渡って使う文化があるそう。
ここでも日本のアニメは人気です。ドラゴンボール、ワンピース、もはやなんでもあり笑
最後に、日本風のインテリアを、現地で手がける会社『RAIMU HOME』さんを紹介してもらいました。
イメージ

マーケティングについて聞いてみると、Facebookがメインらしく、ページを見ると画像や動画もかなり凝っていました。スタッフの方が若いこともあってか、それが主になっているのでしょうか。確かに至る所でfacebook messengerの通知音が鳴っていました。

他にも面白いものはたくさんありましたが、この辺りで。

その後は市内に戻り、当初の目的だった某不動産会社の社長さま、副社長さま、ベトナム現地の社長さま、ケーシーさんと食事させていただき、そのまま空港で一人帰国しました。

活気あるノイバイ国際空港

まとめ

とにかく若くスピードが早く、エネルギッシュ、今回も大いに刺激をうけました。

私は常々、自分の知らない世界に意識的に飛び込むようにしていますが、外に出れば出るほど、自分の知識のなさを思い知らされます。だからこそ学びを深めないと取り残されるなあとも。

そこは個人的な感情としても、日本以外の不動産事情を知ることが本当に面白いです。今後も訪越を続けつつ、日々の目の前のことも全力でやっていきます。異なる文化を学んで日々の仕事にいかし、人・社会の役に立てるよう頑張ろうと改めて思ったベトナムでした。

一人もいいですが、いつか興味のある方と一緒に回りたいなあ、とふと思ったり。

今後も行動し、フットワーク軽くやってまいります。

なお、こんな記事も書いていますので、ご興味あればどうぞ。

【2023年】ベトナムに進出する日系の不動産会社13社まとめてみた