不動産ライター・編集者募集中

週間不動産ニュースまとめ【R5.4.3(月)〜4.7(金)】

こんにちは、不動産のOTOMO(@zebrakun24)です。

日頃新聞やメディアで情報をニュースウオッチしている中で、特に気になったものをツイートしています。

「週間不動産ニュースまとめ」では、週間単位でツイートをまとめていきます。

曲がる太陽電池、30年までに普及

OTOMO
OTOMO

曲がる太陽電池を政府が30年までに普及すると発表しました。一見不動産と関係がないように思えますが、ビルや曲がった屋上にも貼れるようなので、今後住宅で一般的に見かけるようになるのかもしれません。

大和ハウス、月給35万円で65歳再雇用

OTOMO
OTOMO

大和ハウスさんが技術者を再雇用するニュースです。人手不足で工事が遅れることも増えており、シニア人材を積極活用するための取り組み。少し前に大工不足のニュースを解説しましたが、いよいよ深刻化してきた感じです。

LIFULL HOME’Sさんの住宅ローン意識調査

OTOMO
OTOMO

これまで住宅ローンを固定金利・変動金利どちらか?を強く意識する方は少なかったように思いますが、世の中の流れと共に変わってきたように思います。

【高齢入居者の異変を早期検知 ヤモリ】

OTOMO
OTOMO

不動産管理をしていると、入居者の方と連絡がつかなくなることがあります。高齢入居者の異変を検知するサービス、というのは安心につながるサービスです。

メタバースで住宅内見 全景、物件評価にアバター活用

OTOMO
OTOMO

金沢市の全景さんが開発したメタバース内見システム。

メタバース内見、というと増えてきたよね、という印象があるかもしれませんが、こちらのシステムは「物件を選ぶ」というところをデータ化しようとしているところが面白いなと。

単なるリモートではなくて、どんな人がどういうところに興味があるか、どの部屋に興味があるか、を滞在時間、のような形で出すことができるので、また営業マンの提案の仕方も変わってくるのかもしれませんね。

まとめ

以上が今週月〜金のニュースです。

感想やリクエストなどあればお気軽にご連絡ください!