【宅建当日必勝祈願!】受験生の方へのメッセージです。絶対合格しましょう!

こんにちは、不動産のOTOMO(@zebrakun24)です。

いよいよ宅建当日です。

この記事を見られているのは、超直前、もしくは当日のことかと思います。

私が余計なことを言わずともご自身でしっかり整えられているでしょうから、多くは言いませんが、受験生の方に少しばかりメッセージを送らせていただきます。

宅建試験当日は自分を信じるのみ

私自身も宅建試験に合格した身ですが、試験当日本当に落ちたらどうしようと思っていました。

1回落ちましたし、気が気でなかったです。

直前まで焦っていた自分へ言いたいこと。

自分を信じよう。

ここまできたのですから、当日は楽しむ気持ちでいきましょう。

そうは言っても不安でいっぱい。

痛いほどわかります。

ここまで、努力を積み重ねてきた人ほど不安で心配なはずです。

1年に1回の試験ですから。

でも、ですよ。

何もしていない人は不安を感じることもありません。

だから、不安なのは合格に近い証拠だと思ってみてください。

不安も楽しんでしまいましょう。

宅建試験当日を迎えることができることも実力

例年宅建試験当日を迎える人は、実は申込者全員ではありません。

過去のデータを見ていると申込者と受験者数に数万人ぐらいの差があります。

その数万人は試験当日を迎える前に挫折してしまうのです。

ですから、まずはここまで辿り着いた自分を褒めましょう。

そして、周りに感謝しましょう。

勉強に向き合うのはもちろん自分自身ですが、周りの家族や友人、職場の方々など何かしらのサポートがあったはずです。

私自身は、職場の人には圧をかけられていましたが笑、家族にはとてもサポートしてもらいました。

今でも本当に感謝しています。

戦っているのは自分だけではなく、また周りもなんだかんだ応援してくれるはずです。

言葉に出さなくても、頑張って行動している姿を見て、必ず応援しています。

あなたの習慣と行動はすでに周りにとてもいい影響を与えているはずです。

宅建当日は深呼吸してやりぬこう

会場に着いたらいよいよ本番モードですが焦る必要はありません。

周りを見回してみると、おそらくあなたよりやりこんでいる人はいないはずです。

私も実際当日、テキストをかなり付箋をつけたりやりこんでいましたが、横の人は新品?と思うほどの本を読んでいたり、そういう人結構います。

だから見かけの合格率や申込者数に惑わされる必要はありません。

また、当日は集中を邪魔する人が必ず現れます。

寝てたり、そわそわしていたり。

そういう人がいると思って取り組んでみてください。

気にせずイライラせず深呼吸して自分と向き合いましょう。

試験中に頭が真っ白になるタイミングもあります。

そんな時も深呼吸して向き合いましょう。

大丈夫です。焦る必要はありません。

念じることはただ一つ。

絶対合格!

です。

2時間の中で挫けそうになるタイミングもあるかもしれませんが、諦めずに食らい付いてください。

あなたの合格を心より応援しております。