【特集記事】不動産ビジョン2030から読み解く業界の未来

マレーシア不動産の価格推移|過去30年分をグラフでまとめてみた

日本でも東京一極集中現象が起き、人口の大半が関東圏に集中しています。マレーシアはどうなのか?

やはり経済発展が著しい東南アジアの一角を担う国ですので、人口が増え続けています。

世界投資銀行のデータによると、マレーシアでは2050年に全体の9割近くが都会(Urban)に、1割弱が地方(Rural)にといったデータが出ています。

つまり、都市部一極集中の流れになる、と予想されています。

世界投資銀行をもとにOTOMO編集部作成

1960年〜1990年には、全体の人口増もあいまってか、都会も地方も人が増え続けていました。

しかし、1990年を境に、人口が増えているにも関わらず地方の人口が減っていき、都心部に人口が集中している様子が伺えます。

今後もこの傾向は続きそうです。だからこそ、都心や都心へのアクセスを重視した住まいや新たなサービスも生まれてきそうです。

それでは、不動産の流通においては、どのような変化をたどってきたのか?

今回は、そんな疑問をもとに、今回はマレーシア政府統計局のデータから、過去30年分の不動産取引の量と価値および年次変化をまとめてみました。

マレーシアの不動産取引量および年次変化

1990年から2019年の取引量と年次の変化をまとめたグラフが以下となります。

政府統計からOTOMO編集部作成

不動産取引量
1990年:148,000
2019年:328,000

グラフを見ると、1998年に落ち込み、その後は一気に上昇。

以降はゆるやかに上昇し続けて、2011年をピークに、近年は、前年比ベースで下降傾向にあります。

なお、1998年はアジア通貨危機の時期になります。

・マレーシア政府統計

マレーシアの不動産取引価値および年次変化

次に、不動産取引価値および年次変化をグラフにまとめてみました。単位はRM(リンギット) Billion です。

価値の単位について
2021年8月時点で、1RM(リンギット) = 26RMです。
15RMBillion = 15 × 26 × 10億 = 3,900億円です。
150RM Billion = 150 × 26 × 10億 = 3超9000億円です。

政府統計からOTOMO編集部作成

不動産取引価値
1990年:15.16 RM Billion(約3,900億円)
2019年:141.40 RM Billion (約3超6660億円)

30年間で単年度の取引はおおよそ10倍になっており、約3,900億円から約3超6660億円までの価値を生むまでに拡大しました。

要約

こうしてみると、2000年代前半までは大きく目立った成長は見られなかったものの、2006年~2014年にかけては年々右肩上がりで増加しています。

前年比の変化率が右肩下がりになっているのは、伸びしろが少なくなった、という見方もできるでしょうが、規模でいうと現時点では拡大基調にあるようです。取引量もある程度増えて安定しているようにも見受けられます。

コロナウイルス前のデータになるので、2020年、2021年を踏まえたデータを見ていくことが、市況を見極める上で大切になってくるでしょう。

住宅や農地など、分野別にまとめたデータはこちらをご覧ください。

マレーシア不動産の価格推移をグラフで整理!住宅や農地など分野別

また新しいデータが出ましたら更新していきます。

最後に元データも表で貼っておきます。

統計資料は マレーシア政府統計 からダウンロードできます。

年次取引量取引量の変化(%)前年比価値(RM Billion)値の変化(%)年ごと
1990148.20NA15.16NA
1991164.0010.7%17.3214.2%
1992168.272.6%20.2717.0%
1993178.055.8%22.4410.7%
1994217.5422.2%29.7032.4%
1995251.8915.8%39.8534.2%
1996270.537.4%48.9922.9%
1997274.751.6%53.218.6%
1998186.08-32.3%27.90-47.6%
1999225.8921.4%34.4223.4%
2000240.066.3%41.3120.0%
2001242.631.1%38.63-6.5%
2002231.39-4.6%38.640.0%
2003243.385.2%43.4312.4%
2004293.2120.5%59.9638.1%
2005276.51-5.7%56.78-5.3%
2006283.902.7%61.608.5%
2007309.469.0%77.1425.2%
2008340.249.9%88.3414.5%
2009337.86-0.6%81.00-8.3%
2010376.5911.4%107.4432.6%
2011430.4014.3%137.8328.3%
2012427.52-0.7%142.843.6%
2013381.13-10.9%152.376.7%
2014384.060.8%162.977.0%
2015362.11-5.7%149.90-8.0%
2016320.43-11.5%145.41-3.0%
2017311.82-2.7%139.84-3.8%
2018313.710.6%140.330.3%
2019328.654.8%141.400.8%