ダイビルの年収や強みは?【不動産業界を調べ尽くす!】

こんにちは、不動産のOTOMOです。

IT業界出身、現役不動産業界に身をおく筆者が、大好きな不動産業界を調べ尽くすシリーズ!

今回は、ダイビルについての企業研究を行います。

OTOMO
OTOMO

不動産業界で働きながら、不動産専門ブログを運営しているOTOMO(@zebrakun24)が解説します!

東京か大阪で働く方であれば、一度は訪れたことがあるかもしれません。中之島に本社があります。

実際にどのようなことをしているのか。会社の概要から歴史、平均年収、抑えておきたいポイントなどのデータを紐解いていきたいと思います。

企業研究や、就職・転職の参考にしてください。

不動産業界の転職は

2022年3月時点の最新データです。記載情報は、WEBサイトや開示情報(IR)をもとに調査、執筆しています。

ダイビルの基礎情報と特徴

出典:ホームページ

ダイビルの始まりは、1923年の大正12年。

大阪商船、宇治川電気、日本電力の3社共同出資により、株式会社大阪ビルヂング(資本金300万円)が設立されました。

その2年後には「ダイビル」を大阪中之島に。さらにその2年後には東京日比谷に「日比谷ダイビル」を完成させました。当時の建物は、ニューヨークの超高層ビルで採用されていた「コアシステム」に学び建てられました。

1992年には、ダイビル株式会社に社名変更し、2013年にはダイビル本館の建て替え工事完了。さらにベトナムやシドニーへの海外進出など、積極的に事業展開を進めています。

ダイビルは、オフィスビルの賃貸を主な事業として「ビルを造り、街を創李、時代を拓く」を経営理念に、顧客重視の良質なオフィススペース提供をモットーとしています。

基礎データ

まずは、会社概要から見てみましょう。

項目詳細
会社名ダイビル株式会社
設立1923年(大正12年)10月15日
代表者代表取締役 社長執行役員 園部 俊行
事業内容不動産の所有、経営、管理及び賃貸借
資本金12,227,847,277円
上場取引所東京証券取引所(市場第一部)
本社所在地大阪市北区中之島3丁目6番32号 ダイビル本館
主要株主株式会社商船三井/株式会社三井住友銀行/関西電力株式会社
従業員数連結:2,457名/単体:86名

売上と利益規模(直近3年間)

続いて、有価証券報告書から直近の売上・利益を見てみましょう。

回次第149期(2021年3月)第148期(2020年3月)第147期(2019年3月)
営業収益(百万円)42,90942.81740.637
経常利益(百万円)11,67210,8589,953
出典:IR資料から (連結財務諸表)

営業収益においても、経常利益においても、右肩上がりとなっています。

平均年収と従業員数(直近3年間)

次に、平均給与などを見てみましょう。

項目2021年3月末2020年3月末2019年3月末
平均給与(千円)9,8379,5379,532
従業員数867970
平均年齢39.739.339.3
平均勤続年数11.010.010.4
出典:IR資料から(単体)

2021年3月末の平均年収は、約980万円でした。

上記数字は単体です。連結会社全体で見ると、従業員の内訳は、2,457人中2,220人はビル管理事業とほとんどを占めています。

ダイビルの事業内容と強み

東京・大阪・札幌の都心部にオフィスビル・商業ビルを多く所有しており、都心部に集中的に保有しています。

ダイビルのビジネスモデルと強み

ダイビルは、以下のサイクルを確立することで強みを確立し、価値を生み出しています。

  1. 好立地物件の取得
  2. ハイスペックなビルの開発
  3. 優良顧客の誘致
  4. ビルの長期保有・高品質な管理
  5. 顧客との信頼関係

これらのサイクルの中で、高品質なビル管理・企画開発力・テナントとの関係構築力を強みとしています。

加えて、ビルの新築時や改修時には最新の省エネ設備導入やBCPにも配慮。景観配慮の取り組みや緑地整備など、調和を意識した開発設計を行なっています。

BCPとは?

Business Continuity Plan の 略。事業継続計画と呼ばれ、緊急事態における企業防災やリスク管理のことを指します。

具体的には災害時被害の緩和や、取引先や投資家からの信頼性、従業員への安心感を高めることにもつながります。

また、私が最も共感した点は、誘致時と入居時の担当部署が変わらない点。不動産の所有と管理運営が分離し、業務の一部を外部委託するケースもありますが、重大なオフィス移転という経営判断に対して、営業担当者が伴走する点を大切にしています。

ダイビルの収益内訳

ダイビルの売上構成は、約8割は土地建物賃貸事業約2割はビル管理事業が占めています。同社はビル管理に必要な機能「設備」「清掃」「警備」を全てダイビルグループの中に保有していることが特徴です。

特に賃貸事業においては、高い営業利益率を誇っており、同社事業の要です。2021年3月の実績値では、営業収益と営業利益は以下の通りです。

営業収益
  • 土地建物賃貸:約336億円
  • ビル管理:約110億円

営業利益
  • 土地建物賃貸:約132億円(営業利益率 39%
  • ビル管理:約5億円(営業利益率4%)

保有物件は、築年数別に分散しており、幅広いポートフォリオを保有しています。

出典:決算分析

加えて、東京の日比谷、秋葉原、八重洲といった超一等地の物件をはじめ、大阪でも中之島のオフィスビル)の魅力そして保有物件のバリエーションも強みとして挙げられます。

OTOMO
OTOMO

中之島にあるANAクラウンプラザも同社保有物件です。

ダイビルの今後のビジョン

ダイビルは、2018-2022年度において中期経営計画「Design100 プロジェクト Phase-Ⅱ」を実行中で2022年がその締めくくりとなります。

2023年には創立100周年を迎えるため、経営理念にたちもどることをメインテーマとしています。

この計画において重点施策は以下の5点でした。

  1. 都心大型オフィスビル取得
  2. 投資対象の拡充
  3. 海外事業の推進
  4. 既存アセットの競争力維持・強化
  5. ビル管理事業の強化・拡大(ノンアセット型事業)

この計画におけるトピックを触れておきます。

主なトピック
  • 御堂筋ダイビル建替推進
  • 八重洲ダイビル建替推進
  • 275 George Street(オーストラリア)竣工
  • 商船三井興産(子会社)によるノワテック買収

これらのプロジェクトにより、5年間での投資計画が行われています。

これ以外にも2019年には初の自社開発商業ビルである「BiTO AKIBAをグランドオープンさせました。

ダイビルが求める人材

そんな「ダイビル」が求める人材はどのような人でしょうか。

キーワードは、「4 DIMENSIONS(4次元) DEVELOPER ~長期目線で変化を起こせる人材~」です。

ビルという3次元の建物を過去・現在・未来のつながりという時間軸(4次元)で創り上げていくのがダイビルの仕事。

少数精鋭のダイビルにおいては、長期目線で変化を起こせる人材が求められています。

ダイビルの採用情報

2022年3月現在、採用情報は見つけられませんでした。

新卒採用の募集要項は以下から確認できます。

まとめ

以上、今回は「ダイビル」について取り上げてみました。

不動産業界に興味のある方は、転職エージェントの利用もお勧めです。

近年は、不動産業界専門の転職エージェントも出てきているため、転職活動も進めやすくなっています。

自分にあった不動産会社を見つけて転職を成功させたい方は、チャンスを逃さないためにも是非登録だけでもしておくことをお勧めします。登録利用は完全無料です。

宅建Jobエージェント

不動産業界を専門にした転職支援サービス【宅建Jobエージェント】<未経験可!毎月600名が登録!>

Real Estate Agent

不動産業界専門の転職エージェント【RSG Real-Estate Agent】<100人中99.4%人が給与アップの実績!>

関連記事も合わせてどうぞ。

【全100社】高年収不動産企業ランキング2022年版を作成してみた!