スマホで不動産の無料相談ができます♪

不動産営業マンは物件をどうやって探しているの?

不動産会社に行くと、売買・賃貸に限らず複数の物件情報を紹介されると思いますが、実際に、営業マンはどのようにしてお客様に物件情報を探して、お届けしているのでしょうか?今回は、不動産会社が、実際にお客様に物件をご紹介する流れを記載したいと思います。

大きく分けると下記の3つが主流です!

物件の探し方3パターン

レインズに登録されている物件を紹介する

一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、レインズは、不動産物件情報交換のためのネットワークシステムです。 Real Estate Information Network System = REINS の略になります。

レインズは、宅地建物取引業法に基づき、国土交通大臣の指定を受けた「指定流通機構」である全国で4つの公益社団法人や公益財団法人によって運営されており、ここに全国の不動産会社が加入しています。

日々新たな情報が入ってくるため、不動産会社は、ここからお客様のご希望に沿った情報や新着情報があれば指定して検索することができます。

不動産会社は、お客様から「この物件を売ってほしい」という依頼を受けた時に媒介契約を締結します。媒介契約には3つの種類があり、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」と3つの契約タイプがあります。専任媒介契約・専属専任媒介契約の場合は、不動産会社はレインズに物件情報を登録せねばなりません(より早く市場に流通させるため)

一般的には、このネットワークシステムからお客様の希望に沿った情報を検索して、ご紹介します。

自社保有物件を紹介する


不動産会社は、自社で物件を保有しているケースがあります。何らかの理由で物件を非公開にしている場合もあります。しかし、お客様のご希望によって合致するものがあれば、ご紹介する場合もあります。

そのために、物件を探すにあたっての条件をより具体的にお伝えいただいたり、定期的にコミュニケーションを取っていると、タイミングによっては情報を出す場合もあります。また、不動産会社が直接売主の場合、仲介手数料はかかりません

知人の業者間から情報を仕入れる  

不動産業界は横のつながりが広いため、担当営業が知り合いの業者から情報を仕入れるケースもあります。この場合、探されているエリアが特定で決まっている場合は、地域密着型・その土地に昔からある不動産会社は、豊富な情報やつながりを持っているため、地場の企業に聞いてみるのもおすすめです。

どこの不動産会社でもあまり情報の差はない..?

不動産業界は、国全体が不動産を流通させるために様々な取り組みを行い、また同時に規制や法改正も新しくなっています。レインズは確かにどの不動産会社でも見ることができますが、希望の伝え方などで出てくる情報に差が出てくる場合があります。

不動産は「情報の非対称性」が色濃く、プロである宅建業者とお客様の間の知識に高い壁があります。仲介の立場は、「情報の壁をできるだけ薄くして、適正かつ公正に取引ができるような情報を提供させていただくこと」が大切だと考えています。そして、宅建業者が自ら売主として、お客様に不動産を販売する場合には、できる限り情報の透明性を高めることが必要になってきます。

今回は、3つの探し方をご紹介させていただきましたが、理想的な取引を終えるためには、できる限り透明性をもって、知識の隔たりをなくしてくれるか?といった視点で不動産会社を探してみると、良い物件と出会える確率を高めてくれるかもしれません。

皆さまの不動産売却の成功をお祈りしております!